読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容が初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと

30代主婦がネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も、いきいき素肌になるケアの事を書いてみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

「美容液は価格が高い贅沢品だからたっぷりとは使う気にならない」という声も聞きますが、肌に栄養を与えるための美容液をケチケチと使うくらいなら、初めから化粧品を買わない生活を選んだ方が良いのかもとすら感じてしまいます。

プラセンタという単語は英語で哺乳動物が妊娠した際に作られる胎盤を指します。基礎化粧品や健康食品・サプリメントでこの頃よくプラセンタ入りなど目にする機会がありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを指しているのではないのでご安心ください。

セラミドは肌を潤すといった保湿の働きのアップや、肌より不要に水分が蒸散してしまうのを抑えたり、外界から入る刺激あるいは汚れや黴菌などの侵入を食い止めたりするような働きを担っています。

多くの市場に出回っている化粧水や乳液などの化粧品や健康補助食品に入っているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが利用されています。気になる安全面から考えても、馬由来や豚由来のものが確実に安心できるものです。